ニキビの漢方治療が評判 安心して相談できる東京町田河合薬局

サイトマップ

ニキビの始まり症状は

ニキビは、毛包と呼ぶ毛穴が細菌感染、ホルモン、皮脂の影響で炎症を起こしたものです。 ニキビは皮脂分泌が多い場所に起こしやすい皮膚トラブルです。ニキビの始まりはコメドと呼ぶ毛包の出口に皮脂や角質が詰まった状態です。白ニキビは毛穴が閉じていて脂が空気に触れていないため白く見えます。黒ニキビは毛穴が開いて脂が酸化して黒っぽく見えます。
強い炎症を伴う赤ニキビや化膿ニキビになる原因はブドウ球菌や皮膚に多いアクネ桿菌が 原因です。皮脂が酸化され過酸化脂質に変化して炎症が強く赤みが増したり、黄色い膿が溜まる状態が起きます。

背中ニキビ

背中や首にポツポツできニキビと診断される場合もあるニキビに似た症状ですがニキビの塗り薬を塗ると反って悪化する場合があります。これはニキビの原因アクネ菌ではなくアクネ菌とは別のマラセチア菌という菌によるためです。マラセチア毛包炎と呼びます。

鼻の頭ニキビ

鼻や鼻の頭、顔の中心部に出来るニキビに似た皮膚病があります。面疔(めんちょう)と呼ぶ危険な偽ニキビです。鼻の頭にできるのが特徴で吹き出物がよく出来る方など気になっていじったりすると大きく赤く腫れあがってしまうことがあるので注意が必要です。痛みが激しいこともあるほどの皮膚病です。面疔は黄色ブドウ球菌という細菌感染が原因です。

ニキビの悩みは、漢方とスキンケアで、原因から解決

ニキビの漢方治療は安心して相談出来る専門店東京町田の河合薬局へ。
痛い痒いニキビ、化膿赤いニキビ、ニキビ痕など症状と原因は様々です。症状別に体質に合せた漢方治療で体の内側から体質改善と、塗り薬に頼らないスキンケアの外側からの両面作戦でニキビとニキビ痕を治し素肌美人を目指しましょう。
安心して相談出来る河合薬局がお手伝いします。

ニキビ治療は塗り薬、飲み薬に頼らない素肌作り

クスリを止めるとにきびがぶり返し、そのたび塗り薬、飲み薬で症状を抑えている。使うクスリがだんだん強くなっている。クスリを止めたらリバンウンドでひどくなった。これでは、治していることになりませんね。
治療のための塗り薬、飲み薬を使わなくても、以前ほどニキビが出来ない・出来てもすぐ消える。万一、生活の不規則や不摂生で悪化しても少し気をつければ元の良い状態にすぐ戻せる。普段のスキンケアだけできれいな素肌作りが出来る。
これこそがあなたが目指す本当の素肌美作りではありませんか?

ニキビと生活習慣

薬を飲んでいるから安心!と言うわけにはいきません。毎日の生活の見直しが大切です。
バランスの良い食事
脂質、糖質が多いとニキビの原因になります。脂の多い肉、甘いもの、缶コーヒー、お餅は控えましょう。そして旬の野菜は多めに食べましょう。ほうれん草、小松菜のおひたしや冬は鍋が良いでしょう。でも野菜ばかりではお肌の大切な原料、タンパク質不足になりますので良質のタンパク質(大豆、魚、卵、赤身の肉)はお召し上がりください。どうしても忙しくて食事のバランスがとれない方には練り胡麻、蜂蜜、ハトムギを食べることをお勧めします。
腸内環境
便秘はニキビや肌アレを悪化させます。毎日お通じが出ることを目標にします。 ご飯には水分が多く含まれているので、お通じが出やすくなります、朝食のお勧めはご飯です。また腸内環境を整えるために必要なのは発酵食品です。みそ汁、納豆、キムチ、ヨーグルトなどの発酵食品は毎日摂りましょう。でも冷たいヨーグルトの多食はNGです。冷たいとお腹を冷やしてしまいますので、ビフィズス菌や腸内の有用菌が上手く活動してくれません。さらにお腹を冷やさないためにもビール、冷たいお茶、などは控えましょう。
睡眠不足
「睡眠不足でニキビが出来ちゃった」お肌のゴールデンタイムは夜の10時から夜中2時です。この時間に休んでいるとお肌と体の修復ができます。夜10時なんてとってもダメとおっしゃる方も多いですが、まずは夜11時には休むようにしてみてください。翌日のお肌の調子が以前とは違うはずです。そして、夜休む前は脳に刺激を与えないようにテレビ、スマホは控え、リラックスして休みましょう。

それって大人ニキビ?

大人ニキビはUゾーンやアゴの主に皮脂分泌の少ないところに出来るのが特徴です。また大人ニキビにも色々な肌状態があり、ヒリヒリと痛く赤く腫れているものやプツッと小さいもの、ニキビ痕も多いお悩みです。
大人ニキビの方の多くは冷え性、胃腸が弱い、生理不順、生理痛や生理前のイライラなどのPMS症状の悩みを抱えている方が多く、漢方相談をお受けすると大人ニキビは体の内側の原因と関わりが大きいことに気が付きます。

ニキビ 漢方相談事例

ニキビの悩みが高校生の頃から出始めて5年経つという大学生のニキビ漢方治療の女性です。17歳頃からあごと頬 額に大量発症、一旦漢方 抗生物質で軽快後、大学2年夏頃 今まで出来た事のない下あごに白ニキビが大量に出来てからあっという間に赤ニキビが下あごを中心に大量に発生したそうです。 抗生物質を飲んでも症状が改善されずテレビCMの化粧品でさらに悪化して人と会うのさえ嫌になってしまっています、という深刻なニキビ相談でした。
まず、化膿ニキビを治す手当てを優先してお勧めし、長引いたニキビで皮膚が固くなっていたため、皮膚を軟らかくするように化粧水の湿布を丁寧に行うようご指導しました。漢方とスキンケアのお陰で2か月経つ頃には化膿ニキビもなくなり、出来るニキビは小さくて痛み痒みのないすぐに消えるタイプのニキビに変化して来ました。現在では小さなニキビも出来なくなったので漢方薬は必要なくなり美肌作りのためにスキンケアを続けていらっしゃいます。

ニキビ漢方相談の手順

初回は出来るだけ直接ご来店ご相談下さい。お肌の状態を目で見て確認し、症状と体質に合わせた漢方薬をお選びするためです。遠方でどうしても直接の来店が難しい場合は、電話でお問い合わせ下さい。
始めは1週間~10日位の短めにお渡しし必ず経過を伺います。あわせて食事や生活習慣のアドバイス、そしてあなたの洗顔方法やお手入れが正しく出来ているかどうか専門の女性スタッフが詳しくお尋ねし、ご指導いたします。
2回目以降はできれば直接ご来店頂くか、遠方の方は、電話相談でご様子をお伺いして商品をお送りすることも出来ます。

見るだけ、聞くだけ、相談だけでもお気軽にどうぞ

まず話を聞いてみたい。見るだけ・聞くだけ・相談だけでもお気軽にどうぞ。
・直接来店して話を聞きたい。河合薬局ご案内
・電話で話を聞きたい。
・メールで相談してみたい。ニキビメール相談はこちらへ

アクセスマップ

営業日カレンダー

河合薬局 所在地

東京都町田市原町田4-3-4

10:00-18:30
(火曜日18:00)

毎週水曜日・第3火曜日休

TEL 042-722-3238

Fax 042-725-5803